庭木の手入れに関する疑問

ガーデニングが流行っている昨今、庭木の手入れに力を入れている人は多いでしょう。しかし、成長して高くなった木の伐採や手入れには、それなりに危険が伴います。どうすれば効果的に行なえるのか考えてみましょう。

庭木の剪定・伐採には知識や経験が必要

庭木などの植物が元気に育つためには、日当たりや水やりをしっかり考える必要があります。どの枝を剪定し、どの木を伐採するかで日当たりや風通しが変わってくるからです。手入れを自分で行なうことももちろん大事ですが、植物の専門知識と手入れの技術があるプロに任せると、よりバランス良く適切に行なってくれます。剪定や伐採で庭木の美しさや活力も大分変わってくるので、業者に相談してみると良いでしょう。 "

庭木には水やりの仕方が大事(剪定・伐採業者)

庭木の剪定・伐採業者が行なうお手入れの方法を紹介します。庭木の正しい手入れをしたり、信頼できる業者を探したりする際の目安にすると良いでしょう。"

季節に応じて肥料を与えるのもお手入れです(ガーデニング関係)

よぼど乾燥した地域や状態でなければ、基本的に水やりは必要ありません。しかし、植えて1年経たない間は根が安定していないため、乾燥に弱くなっています。夏場など晴れた日が長く続くと根の乾燥が進んでしまいます。必要に応じて十分な水やりを行なう必要があるのです。タイミングの見極めが難しい場合は、業者に依頼すると安心です。

病気にならない様にする(生垣職人)

植え付けの時に掘り起こした土には、ゆっくり効果の出る肥料を混ぜるのがコツです。花木や果樹を植える場合、窒素を配合した養分を春から秋にかけて与えるのが効果的ですが、与えすぎるとかえって庭木が細くなってしまいます。肥料を与える際は、庭木の大きさや種類に気を付けて下さい。

TOPボタン